ク•ビレ邸の秘かな愉しみ

北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ(大阪市)の情報発信拠点「ク・ビレ邸」で開催されるイベントに関する極秘ニュース。決して他言は許されませんのでご注意あそばせ!

己との「葛藤と闘争」それが創造の源泉

◉邸主の戯れ言 REVIEW

日常生活において人間は「アタマで考え、カラダを動かす」と、多くの場合、考えられているが、「カラダを動かし、アタマを使う」ことも結構、多いのではないだろうか。特にアーティストやクリエイターの日常において、とりあえずカンバスに向かう、ピアノの前に坐る、床を転がってみる、といったことから絵画や音楽、舞踊の創造がスタートすることは少なくない。現在、ク・ビレ邸のギャラリースペースで作品を展示している作家・平野早依子もそんな類いのアーティストではないかと思った。

2Fの展示作品

2Fの展示作品(木版)

2Fの3つの連作が展示されているのだが、どれも板を削り、赤で着色した作品で、緻密なテキスタイルが浮き上がっている。血脈を表現しているそうで、3つの作品はそれぞれ「脳」「眼」「女性の性器」をオブジェクトとしているとのこと。作品を創造する際、「脳で考える」「眼で見つめる」「性器で感じる」、これらの活動において血流は彷彿する。それが極致に達した時、作品は一歩だけ完成に近づくだろう。そして一度は冷静さを取り戻し、やがて再び血流が激しさを帯びる。その時、また一歩、完成に近づく。この繰り返しこそが本来、創造行為がもつ原点なのかも知れない。今回、彼女の個展タイトルが「conflict=葛藤、闘争」であるのも十分にうなづける。

1Fでは作品展示と公開制作

1Fでは作品展示と公開制作

また今回の展示では、オープンスタジオも開設している。展示期間中、作家自身の作品制作を公開。さらにはギタープレイヤー・川畑トモアキとコラボするライブ・ペインティングも実施するとのこと。これらの企画意図にも平野早依子が「カラダを動かし、アタマを使う」アーティストであることがうかがえる。公開の場で作品制作を行う場合、まずはいつもと違う環境に身を置く必要がある。またライブ・ペインティングの場合、制作環境はさらに限定される。つまりどちらも「いつも通り」の環境では制作できないし、だからこそ極限状態に自分自身を追い込むことができる。「血湧き肉踊る」現場だからこそ、生まれる作品がそこにはある。

私も自ら率いるパフォーマンス集団「銀幕遊學◉レプリカント」の舞台作品を、関西はもちろん東京や海外でも上演する機会に多く恵まれてきた。国内の劇場なら「当たり前」の条件も海外では「No Good」とされることが多々あった。そんな時、「とにかく別の方法でリハーサルをやってみる」ことを繰り返し、開演初日の幕が上がるギリギリまで粘り、上演作品を完成に近づけてきた経験が少なくない。しかし私は「演劇」という実演芸術=パフォーミング・アーツをやっているので、しょうがないと言えばそれまでだが、平野早依子は実演芸術家ではなく「美術家」だから、わざわざそんなことに挑戦しなくてもいいような気もする。しかし彼女が敢えて、そうしていることが、これらの作品を生み出しているのだ、と思えば、眼前の作品を妙にやさしく観るコトができるような気になる。

とにかく、展示作品のみならず、オープン・スタジオの進行具合やライブペインティングなど、「血湧き肉踊る」制作現場が期待できそうだ。

(文責・佐藤香聲

平野早依子 個展
 「SAYOKO HIRANO Exhibition + Open studio【conflict】」

【日    時】 2013年2月15日(金)〜27日(水)
         平  日 :17:00 – 23:00
         土・日・祝:15:00 – 17:00 19:00 – 23:00
         木曜定休

【同 時 開 催】 1. 平野早依子ライブペイント w/川畑トモアキ(gt)
         02月24日(日)
         open 18:00 start 19:00 charge 1500円(1ドリンクつき)
         クールなソロギタリスト・川畑トモアキのワンマン・ライブで
         平野早依子がライブペインティングでコラボ!

         2. closing party
         02月27日(水)
         open & start 19:00 charge 500円(1ドリンクつき)
         個展期間中に会場で制作した作品を公開!
         軽食パーティー形式なのでお気軽に参加ください。

【参照サイト】 SAYOKO HIRANO OFFICIAL WEB-SITE

【公 開 制 作】 平野早依子のオープンスタジオでの作品制作の記録

2013/02/19 現在

2013/02/19 現在 

2013/02/24 現在
2013/02/24 現在

 

広告

カテゴリー