ク•ビレ邸の秘かな愉しみ

北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ(大阪市)の情報発信拠点「ク・ビレ邸」で開催されるイベントに関する極秘ニュース。決して他言は許されませんのでご注意あそばせ!

ギター奏法の超絶技巧フィンガーピッキング

◉邸主の妄言 PREVIEW◉

ギターソロのライブである。ク・ビレ邸では久しぶり。以前、ギターソロのライブを披露してくれたのは「ぷう吉」で、ギタープレイヤーとしてはもちろん一流だが、私の演出した舞台作品にも俳優として出演してくれたことのある多芸なヤツだ。その彼がオープン間もないク・ビレ邸でギターソロを演奏してくれたのだが、物見遊山で駆けつけてくれた地域の方々は、その超絶技巧にすっかりやられてしまっていた。今回、登場してくれる川畑トモアキ氏もぷう吉に勝るとも劣らない技巧の持ち主のようだ。

川畑トモアキ

川畑トモアキ

ここで言うギターソロについて若干、説明してみたい。川畑氏やぷう吉の演奏スタイルは「フィンガーピッキング」と呼ばれ、ギター1台でメロディーと伴奏を同時に弾く。フォークソングやロックでのギター演奏スタイルならメロディー担当と伴奏担当、つまり2台でプレイするのだが、彼らは一人でそれをやってのけるのである。一考すれば、クラシック分野のギター奏者も一人でメロディーと伴奏を演奏しているのだが、フィンガーピッキング奏法では、ギターのボディーを掌で叩いてパーカッションのような効果を出したり、弦を叩くようにして演奏したりと、トリッキーな技巧のオン・パレードだ。またクラシック用のギターがナイロン弦を使っているのに対して、彼らが使用している通称・アコースティックギターはスチール製の弦を使っているので、音色が変化しやすく、時にはやさしく、時には激しくと変幻自在なのも大きな特長だ。

2ndアルバム「Scenery」

2ndアルバム「Scenery」

川畑トモアキ氏はこれまで数々のコンテストに出場し、その受賞歴も輝かしい。主なものは「フィンガーピッキングコンテスト2009横浜全国大会」での優秀賞(2位)と同大会のオーディエンス投票第1位、さらに翌年には「フィンガーピッキングコンテスト2010横浜全国大会」で最優秀賞(1位)と同大会のオーディエンス投票第1位、さらには楽曲賞&オリジナルアレンジ賞も受賞し、なんと「三冠」を達成している(同氏サイトの「プロフィール」を参照)。これらコンテストの成績で注目に値するのは、「オーディエンス投票第1位」という点だろう。ギター演奏のコンテストだから技巧を争うのはもちろんだが、オーディエンスからの支持をえるには演奏スタイル、つまりルックスにも魅力が必要だ。つまり川畑トモアキ氏は演奏していると「カッコいい」のだ。と書くと、「演奏していないときは?」と思われるかも知れないが、私が彼に初めて会ったときの印象は、礼儀正しい好青年といったものだった。その彼がギターを弾き始めると、どんなにカッコよく「豹変」するのか、このライブで目の当たりにできるのがとても愉しみだ!

また当日のライブは2部構成になっているのだが、前半は川畑氏のソロコンサート、後半は同氏の演奏に加え、現在、ギャラリーで作品展示をしている平野早依子さんがライブ・ペインティングでコラボレーションする。川畑トモアキ氏の奏でるリズムやメロディーから、平野さんがどのようなビジュアルを展開してくれるのか、こちらも愉しみである。

(文責・佐藤香聲

◉ 川畑トモアキ(gt)ワンマンライブ+平野早依子ライブペイント

【日   時】2013年2月24日(日) 開場:18:00 開演:19:00 / 20:30

【料   金】1,500円(1ドリンクつき)

【問い合わせ】06-7492-7504(17:00 – 22:00)

【参照サイト】ばたろぐ

広告

カテゴリー