ク•ビレ邸の秘かな愉しみ

北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ(大阪市)の情報発信拠点「ク・ビレ邸」で開催されるイベントに関する極秘ニュース。決して他言は許されませんのでご注意あそばせ!

久しぶりに帰って来た青山郁彦の一人芝居

◉邸主の妄言 PREVIEW

あの!青山郁彦が久しぶりに北加賀屋に帰ってくる。
まずは、これまでの投稿記事を参照いただきたい。

▶青山郁彦
vol.5 年末、北加賀屋の至宝「青山郁彦」の見納め
vol.4 時代劇に女形新舞踊!青山郁彦の芸風を堪能
vol.3 異能俳優・青山郁彦!ク・ビレ邸に再び見参

青山郁彦は最近、蜷川演出の舞台に出演したと思えば、近々、小劇場演劇の古参「鳥獣戯画」の舞台に出演するとのこと。もちろん商業演劇や大衆演劇の舞台も欠かすことなく活躍している。今回のク・ビレ邸は、そんな多忙を極める彼が、わずかなスキマをぬって、帰ってきてくれたのだ。

aoyama-snap今回、上演してくれる一人芝居「炎の三兄弟」は、ク・ビレ邸でしか観るコトができないオリジナルで、北加賀屋を舞台に展開する連続活劇である。登場人物の三兄弟の名前「オノヤス」「ヒトラ」「シラナガタ」は、そのまま北加賀屋で隆盛を極めた3つの造船所「サノヤス」「ナムラ」「フジナガタ」に通じる。しかしながらストーリーは造船業とは何ら関係のないことを付け加えておく。もちろん女形の舞踊ショーもやってくれます!

OyamaShotどちらにせよ、いつもながら観客の空気感を読みながらの演技は「熱いフリをして、いつもクール」である。観客はいつのまにか彼の創造空間に導かれることになる。いつもながらの青山芝居だが、着実に磨きをかけている俳優は、そう多くはないはずだ。

(文責・佐藤香聲

◉青山郁彦 一人芝居 &女形舞踊ショー vol.7

【日   時】2014年5月7日(水) 開場:19:00
開演:19:30〜くらい、20:45〜あたり

【料   金】1,500円(※1ドリンクつき)

【参照サイト】イクブロ

広告

カテゴリー